【2024年2月】土屋ホームの坪単価は75万円が目安!実例も紹介

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
土屋ホーム アイキャッチ

土屋ホームは、北海道が拠点の住宅メーカーです。

2022年度省エネ大賞製品・ビジネスモデル部門最高賞「経済産業大臣(ZEB・ZEH分野)」を受賞した実績もあります。

土屋ホームでは、「上質な住み心地」・「揺るぎない安全性」・「安心の自社大工」を三本柱として快適な家づくりを提供しています。

はじめに、土屋ホームの坪単価を知りたいという人に向けて、下記に土屋ホームの坪単価目安(坪数別)をまとめてみました。

土屋ホーム 坪数別の坪単価目安

土屋ホームの商品別坪単価表(2023年現在)

商品名坪単価
リズナス55万円〜100万円
カーディナルハウス64.4万円〜100万円

土屋ホームの坪単価は、75万円が目安です。

この値は、メーカーの公式サイトやSUUMOHOME’Sで建築費用が公開されている注文住宅の実例から算出しました。

商品によって価格は前後しますが、オプションを加えると坪単価は増加します。

実際、土屋ホームにはセミオーダー住宅の「リズナス」完全オーダーメイド住宅の「カーディナルハウス」の2つの商品があり、オプション次第で費用は高くなっていきます。

また、坪単価はあくまで目安です。

たとえば、平均的な坪数といわれる約43坪を仮に坪単価65万円で家を建てると、だいたい2,800万円の費用と計算できます。

この記事では、土屋ホームの坪単価を中心に、注文住宅の特徴やラインナップを詳しく解説します。

実際に建てた人の口コミ・評判の紹介やデメリットについても解説していますので、土屋ホームに興味のある方はぜひ最後までお読みください。

注文住宅の価格は設備や間取り、土地によっても大きく変動することがあります。

注文住宅は人生で最も大きな買い物のひとつです。

「もっと下調べしておけば……」と後悔しないためにも、できるだけ多くの情報を収集し、プランを比較して検討することが重要となります。

そのために特におすすめしたいのが、家づくりのプランをまとめて依頼できる無料の注文住宅の一括比較サイトです。

専門のアドバイザーに注文住宅を建てる際のアドバイスをもらえます。

相談だけで実際の依頼はしなくても大丈夫ですし、無理な営業も一切ありません。

ぜひ気軽に相談してみてください。

良い家をより安く!
アキュラホームはコスパが抜群!
アキュラホームトリプルフリープラス


トヨタホーム、アイ工務店などよりも、アキュラホームで現在開催されているキャンペーンがこれから家を建てる方におすすめです!

アキュラホーム【3月3日まで】来場プレゼントキャンペーン
WEB来場予約・お客様をご紹介いただいた方・ご紹介で来場された方にアキュラホームオリジナルTVCMグッズプレゼント!

剛木造 超空間の家FREE³+モニターキャンペーン
300名先着で100万円相当の住設備グレードアップ成約特典!
子育てエコホーム支援事業対象、補助金最大100万円(先着順)
トヨタ
ホーム
建築資金券プレゼントキャンペーン
1等1,000万円、2等500万円、3等150万円抽選でプレゼント!
アイ
工務店
設備グレードアップキャンペーン
5棟先着で100万円相当の設備グレードアップ成約特典!(地域によって差異あり)
キャンペーン期間:
アキュラホーム|来場プレゼントキャンペーン2024年2月1日~2024年3月3日、剛木造 超空間の家FREE³+モニターキャンペーン20024年1月1日~2024年2月29日
トヨタホーム|2024年1月22日~2024年2月18日
アイ工務店|2024年2月29日まで

各キャンペーン期間や内容詳細、適用条件などはアキュラホーム公式サイトをご覧ください。

\ 2023年度グッドデザイン賞を受賞! /

アキュラホームの坪単価や特長を確認

おすすめの注文住宅の無料相談サービス
SUUMOカウンター
SUUMOカウンター
【WEBで簡単予約できる】
経験豊富なアドバイザーに理想の家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
自宅でのオンライン相談も可能
SUUMOカウンターで注文住宅の相談をしてみる
SUUMOカウンターでオンライン相談をしてみる
LIFULL HOME'S注文住宅
LIFULL HOME’S
注文住宅
注文住宅カタログを一括取り寄せできる
理想のイメージを具体化できる
家にいながら簡単に比較検討できる
家づくりの知識をまとめた家づくりノートをもらえる
LIFULL HOME’S注文住宅で住宅カタログを取り寄せる
HOME4U家づくりのとびら
HOME4U
家づくりのとびら
【平日21:00まで対応可能】
専門アドバイザーに家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
オンラインテレビ会議形式で簡単
LINEで基礎知識が学べる
HOME4U家づくりのとびらで間取り・資金計画を比較する
townlife家づくり
タウンライフ
家づくり
【無料で家づくりをサポート】
全国1,020社以上の住宅メーカーから最適を選べる
間取り・資金計画・土地探しを無料でできる

タウンライフ家づくりで間取り・資金計画を作る
ナチュラルハウスロゴ
ナチュラルハウス
【土地探し~アフターまでワンストップ対応】
無料で家づくり相談、間取りプラン作成できる
「家づくりアドバイザー」が親身にアドバイス
ライフプランを作成して資金計画を建てられる
ナチュラルハウス愛知・岐阜で家づくりをする
ナチュラルハウス福山・倉敷で家づくりをする
目次

土屋ホームの注文住宅の標準仕様と特徴

土屋ホームの注文住宅は、工法や自社教育において独自のノウハウを持っています。

たとえば、快適な住まいを実現させるために土屋ホームが開発した「BES-T構法」企業内訓練校での大工育成などは、他のメーカーにはない特徴です。

土屋ホームの家づくりの特徴である住み心地、安全性、自社大工という3つのこだわりから、掲げるそれぞれの特徴に対する標準仕様について下記にまとめました。

上質な住み心地BES-T構法
夏は涼しく冬は暖かい 「高断熱・高気密」の家を実現

24時間換気システム
計画的に淀んだ空気を排出し新鮮な空気を取り入れ
揺るぎない安全性土屋ホーム独自の構造体
地震や台風などの外力をバランスよく建物全体に分散、強さを生み出す

基礎・土台
鉄筋コンクリートを組み合わせ、強靭な構造に
安心の自社大工自社工場
工場での徹底した品質管理と工期削減を実現

土屋アーキテクチャカレッジ
技能職の訓練学校「土屋アーキテクチュアカレッジ」による自社大工の育成

ここからは、土屋ホームの商品別の標準仕様やセールスポイントでもある施工品質について、さらに詳しく解説します。

3ステップで選ぶだけ!セミオーダー住宅「リズナス」の標準仕様

土屋ホームのセミオーダー住宅「リズナス」の標準仕様は、3ステップで選べる手軽さが特徴の注文住宅です。

リズナスの3ステップについて、詳しくご紹介します。

STEP
暮らしのスタイルを選ぶ

みんなの「暮らしてみたい」から厳選されたプランを、4つの暮らしのスタイルにパッケージングされます。

例:家族とワイワイ楽しみたいなら、「#リゾート」または「#ベランダリビング」のどちらかを選びます。

出典:土屋ホーム リズナス

例:自宅を中心に暮らしたいなら、「#ワーク」を選ぶとよいでしょう。

出典:土屋ホーム リズナス
STEP
家のかたちを選ぶ

洗練された「スクエア」と愛らしい「トライアングル」、また色も好みに合わせて選択できます。

出典:土屋ホーム リズナス
出典:土屋ホーム リズナス
STEP
インテリアテイストを選ぶ

インテリアテイストは3つ、「BROOKLYN(カジュアルテイスト)」「NORDIC(北欧テイスト)」「NATURAL MODERN(ナチュラルテイスト)」から選べます。

ヴィンテージを取り入れたこなれ感のある、カフェにいるようなおしゃれなインテリアです。

出典:土屋ホーム リズナス

北欧から生まれた、ビビットカラーが映える明るく楽しいインテリアです。

出典:土屋ホーム リズナス

自然素材をふんだんに取り入れた、ゆったりとした時間が流れるあたたかみのあるインテリアです。

出典:土屋ホーム リズナス

「スタイル」「外装」「内装」から、お好みを選ぶだけで理想の住まいが叶うところが大きな魅力です。

土屋ホームの公式ホームページでは、好みのテイストを選んでイメージを表示してくれるシミュレーションもできます。

「家を建てたいけどイメージが湧かない……」「まずは理想の家を描いてみたい!」と思う方は、ぜひ公式ホームページからシミュレーションしてみてください。

ご家族と好きな色やテイストを選びながら、理想の住まいをイメージしてみるのも楽しいでしょう。

\理想のお家のイメージができる!/

ここからは、家を建てるにあたって妥協できないリズナスの住宅品質についても解説します。

土屋ホームの家は、北海道の厳しい環境下でも快適に過ごせるよう設計されており、一般的な住宅の基準値を大きく上回る品質が特徴です。

土屋ホームの注文住宅の品質は、5つの特徴に分けられます。

換気性能24時間計画換気システム
計画的に淀んだ空気を排出、新鮮な空気を取り入れ

機械による換気コントロール
湿気・冷気・熱気・花粉、ホコリ、騒音・害虫をシャットアウト

熱交換換気システム
外気を利用し、室内を適温に保つ
断熱性基準値を超える北海道の断熱性能
国が定めた北海道の省エネ基準を大きく上回るUA値を実現

トップクラスの断熱性能「ネオマフォーム」採用
長期にわたって高い断熱性能を維持、シックハウス対策や環境への配慮も万全
気密性北海道の基準値※12.0㎠ /㎡の約1/6のC値
値が小さいほど気密性が高いことを表す「C値」は3.0㎠ /㎡

10年後でも変わらない気密性
湿気で動いてしまう木材も、職人や設計者の手によって10年後も気密性を保つ
省エネ性デザインされた省エネ性能
土屋ホームが誇るノウハウにより、冷暖房などにかかる費用を抑制
自社大工高品質を実現する直接施工
知識と技術を身につけた自前の職人たちが責任を持って直接施工を行う
※地域により指定研修を受けた協力業社が施工する場合あり

大工の育成
企業内訓練校「土屋アーキテクチュアカレッジ」で大工を育成
C値

C値(㎠/㎡)=住宅全体の隙間の合計面積÷延べ床面積

住宅の気密性能を表す数値で、家の面積に対しどれくらいの面積の隙間が存在するのかを数値化したものです。

上記の通り計算します。

2022年度省エネ大賞製品・ビジネスモデル部門最高賞「経済産業大臣(ZEB・ZEH分野)」を受賞している実績からも、断熱性や機密性にすぐれていて冬の寒さに強いことがよくわかります。

断熱しつつ、換気設備も整っていて快適な住み心地が想像できますね。

カーディナルハウスの断熱性能は業界最高水準【UA値0.19】が標準仕様

土屋ホームの注文住宅「カーディナルハウス」は、業界最高水準の断熱性能で-10℃以下の冬でも暖かく、夏も涼しい快適さが特徴です。

UA値とは「外皮平均熱貫流率」のことで、外皮(壁・窓・天井・床)全体からの熱の逃げやすさを表す値を指します。

UA値が小さいほど断熱性が高く、土屋ホームのカーディナルハウスは業界最高水準の0.19を誇っています。

住宅(地域)UA値(W/㎡・K)
札幌0.4
仙台0.6
東京0.6
カーディナルハウス0.19
参考:土屋ホーム

また、土屋ホームの住宅に採用しているのはBES-T構法と呼ばれる建築工法です。

BES-T構法とは、日本の伝統的な木造軸組構法を進化させた外断熱の構法で、土屋ホームが独自に開発しました。

BES-T構法の特徴
  • 床下空間で安定した温度・湿度を保つ
  • 地震や台風などの外力を点と面の両方で支え、建物全体に分散
  • 北海道の厳しい寒さによる冷たい風を遮断し、暖かい家を実現
出典:土屋ホーム

柱や断熱材のすき間から暖気・冷気が逃げるのを防ぐことで、夏は涼しく冬は暖かい 「高断熱・高気密」の家を実現しています。

また、土屋ホームの家の装備として『24時間換気システム』があります。

換気するということは外気を取り入れてしまうことによって寒い風が入ってきてしまうのではと思うところではありますが、熱交換換気システムによりあたたかさはそのままに快適な空間です。

断熱については壁だけではなく、床下まで徹底的に断熱処理されています。

一般的には床下は、非断熱空間ですが土屋ホームは基礎断熱を採用していて床下空間を温度・湿度の安定した環境に保てることにより、結果的に住まいの耐久性が向上するのです。

基礎断熱とは
  • 建物の基礎部分に断熱材を設置して建物の外周を断熱する工法
  • 床下に断熱材を入れる「床断熱」に比べて機密性が高く、暖かい住宅を作るのに最適

カーディナルハウスの3つの柱

接客力厳しい社内選考により厳選されたコンセルジュによる高品質の接客
品質力業界最高水準の外皮性能
自社大工による直接施工
設計力厳選されたアーキテクトが1邸1邸異なるオーダーメイドで設計・建築
デザインの領域にもクオリティ・チェックを実施

54年の経験で培ったノウハウをベースとした住宅品質は、土屋ホームならではでしょう。

自社大工で施工するため施工品質が良い

土屋ホームは、技術開発とともに自社大工の育成に力を注いでいるため、施工品質が高いです。

外部に委託するのではなく、知識と技術を身につけた自前の職人たちが責任を持って直接施工しています(地域により指定研修を受けた協力業社が施工する場合あり)。

また、自社大工を育成するための訓練学校があり、品質を保つための次世代育成にも力を入れていることも特徴です。

ハウスメーカーによっては、下請け会社や孫請会社が施工することで完成度に差が出ることもあります。

土屋ホームは自社大工のおかげで施工品質にバラつきがないため、安心して家づくりができるでしょう。

最高レベルの耐震性「耐震等級3」が標準仕様

土屋ホームの商品カーディナルハウスは、国が定める最高レベルの耐震性「耐震等級3」をクリアした住まいです。

実証するために建物にかかる長期荷重(建物そのもの重さ、家具や人間などの重さなど)と、短期荷重(地震力など)をふまえ、部材などの内部に生じる抵抗力を算出し耐えられるかどうかを許容応力度(限界点)と比較する許容応力度計算を行い安全が数値化されています。

耐震等級3とは
  • 住宅性能表示制度で定められた耐震性のうち、最も高い
  • 震度6強〜7の大地震が起きても、軽い補修程度で住み続けられるレベル

地震大国と呼ばれる日本で家を建てるとき、気になるのは耐震性能でしょう。

土屋ホームの場合、住宅性能表示制度で最も高いとされる耐震等級3と安心のつくりです。

いつどこで大きな地震が起きるかわからないため、毎日の安心安全なくらしのために目に見える設備性能だけでなく、地震や強風などの災害にも強い家づくりにしたいところです。

土屋ホームの商品ラインナップごとの坪単価と間取り実例

土屋ホームの商品は、規格住宅の『リズナス完全オーダーメイドの『カーディナルハウスがあります。

商品ごとの坪単価は、以下のとおりです。

商品名坪単価
リズナス55万円〜100万円
カーディナルハウス64.4万円〜100万円

ここでは、土屋ホームの商品ラインナップごとの坪単価や間取りについて解説します。

【規格住宅】LIZNAS(リズナス)|坪単価55万円程度

土屋ホームの規格住宅「リズナス」の坪単価は、約55万円です。

ここでは、リズナスから3つの物件をご紹介します。

【1件目】

間取り

出典:SUUMO
出典:SUUMO

外観

出典:SUUMO
間取り延床面積
4LDK33坪(109.3㎡)

画像は、モデルハウスのものです。

外観は黒で「しかく」を選択していますね。

内装についても、木を基調としたシンプルなカジュアルテイストであることがわかります。

【2件目】

間取り

出典:土屋ホーム
出典:土屋ホーム

外観

出典:土屋ホーム
間取り延床面積
3LDK+S54.62坪(180.95㎡)

おしゃれな外観に、広々とした吹き抜けリビング、シックな和室とこちらも好みに合わせてセレクトされていることが分かる統一感のある住宅です。

【3件目】

間取り

出典:土屋ホーム
出典:土屋ホーム

外観・内観

出典:土屋ホーム
出典:土屋ホーム
間取り延床面積
4LDK59.45坪(196.93㎡)

お部屋の内装テイストはビター&スイートで2世帯住宅です。

雰囲気に合わせて家具選びをするのも、家を建てる楽しみの一つですね。

セミオーダーで好みのテイストを選択できるため内容によって価格は変動しますが、リズナスで家を建てる場合、本体価格はおおよそ2,500万円前後、坪単価は55万円からです。

リズナスの住宅を3例ご紹介しましたが、いずれも好みのテイストに合わせて建てられていることが特徴的な住宅であることがわかっていただけたのではないでしょうか。

坪数や内容によって変動はしますが、本体価格2,500万円前後でご家族とどんな家にするか考えるとわくわくしますね。

【完全オーダーメイド】CARDINAL HOUSE(カーディナルハウス)|坪単価70万円程度

土屋ホームの完全オーダーメイド住宅「カーディナルハウス」の坪単価は、約70万円です。

ここでは、実例をもとにカーディナルハウスについてご紹介します。

間取り

出典:SUUMO
出典:SUUMO

外観・内観

出典:SUUMO
出典:SUUMO
間取り4LDK
延床面積33.9坪(112.21㎡)
本体価格2,300万円~2,399万円
坪単価67.8万円~70.7万円

完全オーダーメイド住宅のため、すぐれた設計力を持つアーキテクトと納得のいく家づくりができます。

画像からはわかりませんが、カーディナルハウスはすぐれた断熱性、機密性、耐震性にこだわり抜いて建てられているため、住んでみて初めて技術に驚かされるかもしれません。

こだわりの断熱性と気密性によって光熱費の削減になり、壁内結露も防げるため、空気が汚れず、木材が腐りにくいというメリットもあります。

土屋ホームの平均坪単価は75万円

土屋ホームの商品別坪単価表(2023年現在)

商品名坪単価
カーディナルハウス64.4万円〜100万円
リズナス55万円〜100万円

土屋ホームの注文住宅の、平均的な坪単価は75万円です。

しかし完全オーダーメイドのカーディナルハウス、自由に外装や内装をセレクトできるリズナスの場合は、選ぶ内容によって価格は大きく変動します。

ここからは、坪数ごとの坪単価および総額について見ていきましょう。

【25坪の目安】坪単価70万円・総額1,750万円

平均延床面積の総坪数が25坪の場合で考えると、建築総額のおおよその見積もりは下記の通りになります。

坪単価建築総額
70万円1,750万円

25坪の坪単価は70万円、建築総額は1,750万円です。

25坪は平屋が多くなります。

夫婦とペットや、人数が3人以上になると手狭に感じる場合があるかもしれません。

2階建てにすればファミリーでも住めます。

面積がコンパクトなため、動線が短くなりお掃除がゆきわたりやすくなりますね。

【30坪の目安】坪単価73万円・総額2,190万円

平均延床面積の総坪数が30坪の場合で考えると、それぞれの平均総坪数とおおよその見積もりは下記の通りになります。

坪単価建築総額
73万円2,190万円

30坪の坪単価は73万円、建築総額は2,190万円です。

できるだけ費用を抑えたいけれど、2〜3LDKの家に住みたい人におすすめです。

また、バリアフリー設計も楽に整えられます。

コンパクトですが、吹き抜けで明るく開放感のあるリビングにでき、間取りや家具の配置の工夫しだいで住みやすい家になります。

【35坪の目安】坪単価58万円・総額2,030万円

平均延床面積の総坪数が35坪の場合で考えると、それぞれの平均総坪数とおおよその見積もりは下記の通りになります。

坪単価建築総額
58万円2,030万円

35坪の坪単価は58万円、建築総額は2,030万円です。

実例やモデルハウスの情報をもとに表にしているため、提示した金額については他の坪単価に比べて安いですが、平均的な広さに対する建築総額自体が控えめですね。

35坪の広さは子育てがしやすいだけでなく、費用を抑えて建築できるのが特徴です。

【40坪の目安】坪単価67万円・総額2,680万円

平均延床面積の総坪数が40坪の場合で考えると、それぞれの平均総坪数とおおよその見積もりは下記の通りになります。

坪単価建築総額
67万円2,680万円

40坪の坪単価は67万円、建築総額は2,680万円です。

40坪となると、リビングも広々と全体的にゆったりした間取りが期待できますね。

家族の人数が多く、広々としたお部屋で過ごしたい人におすすめです。

面積が広い分、総額はこれまで提示した金額より高くなっています。

子どもが複数いる人やペットがいる人は、あたたかい土屋ホームの住宅を40坪で建ててみてはいかがでしょうか。

【平屋の目安】坪単価80万円・総額3,200万円

平屋を建築する場合で考えると、それぞれの平均総坪数とおおよその見積もりは下記の通りになります。

坪単価建築総額
80万円3,200万円

平屋の坪単価は80万円、建築総額は3,200万円です。

坪単価は高めですが家の中に階段がなく、ワンフロアなので家事動線も少ないです。

家族でお互いの気配を感じやすく、安心ですね。

平屋のメリットは、屋根の形状に合わせて空間を最大限に活かせる点です。

また、屋内に階段がある家とは違い、高さがない分地震や強風に強いことが挙げられます。

これからの住まいを土屋ホームの平屋で検討してみるのもいいかもしれません。

土屋ホームと他のハウスメーカーの坪単価を比較

土屋ホームと同じ北海道拠点や、同じ価格帯など他ハウスメーカー10社と比較した内容についてまとめました。

価格やそれぞれのハウスメーカーの性能を、土屋ホームと比較して見てみましょう。

ハウスメーカー坪単価総額住宅性能
土屋ホーム75万円2,250万円業界トップクラスの気密性と安心の自社大工
一条工務店70万円3,660万円仕様・設備ともにハイグレード
ロゴスホーム63万円2,200万円長期優良住宅に対応可能
積水ハウス93万円4,200万円優れた耐震性、耐風性、耐雪性、耐久性
日本ハウスホールディングス78万円2,850万円脱炭素でエコな檜の家
クレバリーホーム75万円2,500万円高性能でデザイン性の高い外壁タイル
三井ホーム90万円4,000万円全館空調あり
住友不動産81万円3,500万円火に強く丈夫で長持ちする注文住宅
ユニバーサルホーム76万円4,100万円優れた断熱性と耐久性
コスモ建設52万円2,500万円耐震等級3相当(新耐震補強部品「NOERS(ノアーズ)」採用
コクドホーム68万円3,700万円高性能断熱材「ネオマフォーム」採用

土屋ホームで特にこだわっている断熱性については、他社ハウスメーカーのほとんどが住宅性能として高品質を掲げています。

ただ、断熱性を高めるBES-T構法は土屋ホーム独自の工法で、さらに家の隙間が極限に薄いこともセールスポイントとしてあげています。

他ハウスメーカーについて調べていると、家の隙間を表すC値も土屋ホームが断トツで低いことがわかりました。

土屋ホームは失敗する?実際の口コミ・評判を解説

土屋ホームの口コミでは、「希望が叶う間取りだった」、「デザインのセンスがよい」といった肯定的な声が多く見られました。

一方、「冬は寒くて夏は暑い」といったネガティブな意見もありました。

とはいえ、全体を通して納得の設備による快適な住まいを叶えている人が多い印象です。

ここでは、土屋ホームで家を建てた人や実際に住んでいる人の口コミを下記の通りご紹介します。

土屋ホーム「リズナス」の口コミ・評判

リズナスにしては希望が叶う間取りだったし、後悔はしてません。また許容応力度計算でちゃんとやってくれてる(まぁ当たり前ですが)のでそこは信頼して良いのかと。

出典:e戸建て

子供たちが走り回れるような間取りになっているので、元気いっぱい楽しそうに毎日過ごせていることと、冬がすごく暖かくて、遊びに来てもらった友達にも、2階に上がったときに、これでストーブを点けていないのが信じられない、温度差がないということを言われて、私たちも良かったな、と思いました。

出典:土屋ホーム リズナス

我が家はリズナスです。
自社大工とうたっておりますが、我が家は基礎や土台は土屋ホームの大工で、その後は雇われ大工でした。
土台も酷い所で7センチの狂いが有り、やり直させました。
今回何が原因でこんなにも気密性が悪いのか調べさせ、改善させ、立ち会いで気密性を測定してもらおうと思っております。

出典:マンションコミュニティ

完成見学会へ伺ったお家が、リズナスの第一種換気+エアコン2台(1階と2階)でした。
2階の、エアコンの無い、扉が閉まっていたお部屋が暑かったのが気になりました。
やはり、全館空調でないと、各部屋の扉を開けておく必要が有るのでしょうか。
扉を閉めると暑くなるようだと、やはり全館空調が必要なのかな

出典:マンションコミュニティ

こちらの質問口コミに対して実際に住んでいる方の返答がありました。

ウチも第一種換気システム+ エアコン2台(1階と2階)ですが、2階のエアコンのない部屋はかなり暑いです
ドア閉めきりはムリ

出典:マンションコミュニティ

温度、とくに夏場の暑さに関しての意見が目立ちますね。

寒冷地の冬を暖かく過ごせるところを重視していることから、夏場はエアコンが必須のようです。

ただ、批評に寒さについて言及している口コミはなく、良い口コミにもあったように「冬がすごく暖かい」とのことです。

やはりBES-T構法や床下の基礎断熱を装備した、自社大工ならではの技術の成せる技ゆえでしょう。

土屋ホームで家を建てた人の口コミ・評判

北海道在住なので暖房器具は必須なのですがパネルヒーターではなく天井から暖気がくるとのことで空間を有効利用できてとても魅力的な設計だなと思いました。
デザインもモダンでおしゃれに感じますし、機能的だと感じました。
説明担当をしてくれた方もこちらがまだ比較検討の段階だとわかっていてとても丁寧にわかりやすく説明をしてくれて好感が持てました。

出典:みん評

モデルルームに行った時に、営業担当の方から熱心に説明を受け、「ここなら満足できる家を建ててくれる」と直感しました。
こちらから無理なお願いをしましたが、限られた予算の中で希望通りに仕上がるよう、プランをいくつか提案してもらえました。

工事が始まってからは、たびたび見学に行きましたが、いつも職人さん達が元気よく挨拶してくれたのも嬉しかったです。

完成した我が家はとにかく部屋が暖かく、思わず「暖房無しでも大丈夫じゃない?」と感じてしまったほどです。
営業さんをはじめ、設計やインテリアコーディネーターの方もセンスが良く、まさに私と相性ピッタリなハウスメーカーでした。

出典:みん評

担当は態度が変わり、新築当時の一度しか来ませんでした
その後相談しても、対応が悪く…残念です
建物自体は良いのかもしれませんが、アフターケア-が残念で、やはり建築後に困ることも沢山出てくるので、確認は必要としみじみ感じます

出典:マンションコミュニティ

土屋ホームで今年(2023年)建てました。c値は0.4でした。正直もう少し欲しいところでしたが、平屋は気密がとりづらいとのことなので、まぁ納得できました。

土屋ホームの平均は0.38ですが、あくまでも平均といえますが…
ただ、6ヶ月経って(c値)結果を教えてもらうことも疑問があるし、そもそも1.0は土屋ホームのc値としてはあまりにも悪すぎるように思います。

出典:e戸建て

アフターケアに関する口コミにもあるとおり、家の建築中だけではなく実際に住んでみて感じる部分について気軽に話せるコンセルジュであるとなおいいですね。

建築中はなかなか築後のことにまで考えが及ばないかもしれませんが、実際に住み始めてからも、困りごとがあれば相談させてほしいということを伝えておくといいかもしれません。

C値について厳しい意見がありますが、北海道の標準は2.0cm²/m²で、土屋ホームのカーディナルハウス場合は業界最高水準の0.38㎠/㎡をたたき出しています。

土屋ホームに住んでいる人の口コミ・評判

28年前に土屋ホームで建てましたが、冬は相当温かいです。
うちの子供たちは寒さを知らず、いつも薄着で登校して、外の気温に驚いていました。
でも冬温かいのはいいのですが、夏も温かいです。
気密性が高いのでエアコンの効きは良いです。

30年近く経っていますが、近所の新しい家より丈夫そうですよ。
30年近く前に建てたので、今の家はきっと、もっと快適なのではないでしょうか?

出典:e戸建て

住んでみて感じたことは、
1.家の性能は期待通り素晴らしい
2.デザインはあまり期待できない、というか提案してくるデザインは、土屋ホームのくせが強い。
3.打ち合わせはしっかりとしていて安心できる。(営業担当によるとは思うが)

そのため私なりのアドバイスとしては、こちら側が受け身にならずに、しっかりと勉強をして、ある程度の主張をしながら打ち合わせができれば、とてもいい家ができると思います。

出典:e戸建て

土屋で建てて6年に成りますが全く満足せず後悔だけ残ってます、
絶対辞めたほうが良い、冬は寒くて夏暑いです
紹介されて仕方なく建てた感じに成りました。

出典:e戸建て

土屋ホームのカーディナルハウスで2年前に建てました
冬は1階と2階の温度差があって、底冷えは相談してもダメでした
新築当時から、エアコン設置しようと思っていたのですが、1年目は様子見ても大丈夫と設計士に言われましたが、やはり暑いです

出典:マンションコミュニティ

実際に土屋ホームの住宅にお住まいの人からも、夏場の暑さに関する不満の意見が見受けられます。

優れた断熱性を売りにしている土屋ホームでも、昨今の夏の暑さに太刀打ちできないということでしょうか。

近年、寒冷地の北海道でも夏の気温はかなり高めです。

そのため、猛暑の日にはエアコンが必須だということがわかります。

寒さが気になるという意見もありますが、温度に関しては人の感じ方による部分も大きいため、総評としては土屋ホームの家は冬は暖かいというのは事実のようです。

土屋ホームで建てるデメリットと注意点

土屋ホームで家を建てるデメリットとして、「商品ラインナップの少なさ」「オプションで高額になってしまうこと」が挙げられます。

また、初期保証が10年と短いことや、施工エリアが北海道や東北など寒冷地に限定されていることも要注意です。

人生の中でも高い買い物である、家の建築についてはメリットだけでなく、デメリットや注意点についてもしっかりと目を向け、後悔しない家づくりにしたいところです。

土屋ホームで家を建てるにあたって注意しておきたいデメリットについて解説します。

商品ラインナップが2種類しかない

豊富なラインナップの規格住宅を掲げる他社ハウスメーカーがある中、土屋ホームの商品は『リズナス』と『カーディナルハウス』の2点のみです。

規格住宅は少ないものの、裏を返せばメリットもあります。

土屋ホームの商品「カーディナルハウス」は完全オーダーメイドの住宅であるように、間取りの自由度の高さは規格住宅にはない良さといえるでしょう。

また、土屋ホームでは「上質な住み心地」・「揺るぎない安全性」・「安心の自社大工」を三本柱としてこだわっているからこそ、商品ラインナップは選りすぐりが残ったのかもしれません。

CARDINAL HOUSE(カーディナルハウス)は高額になりやすい

カーディナルハウスが高額となりやすい背景は、業界最高水準を誇る断熱性能および気密性能であったり、最高レベルの耐震性といった家の性能について『最高品質』を追求したりしていることにあります。

また、土屋ホームのカーディナルハウスは完全オーダーメイド住宅であるため、こだわればこだわるほど費用は高くなっていきます。

しかし、完全オーダーメイドだからこそ自分好みの家を建てられることはメリットです。

リズナスと比べると家づくりのコストはかかっても、オーダーメイドのデザインかつ高性能な満足度の高い家づくりが叶えられるでしょう。

初期保証が注文住宅で10年、規格住宅で1年と短い

出典:土屋ホーム

土屋ホームの注文住宅は初期保証が10年、規格住宅で1年です。

アフターサービスを売りにしているような他社ハウスメーカーと比べると、土屋ホームの保証期間は短いといえるでしょう。

しかし、保証期間を最長で30年まで延長することも可能です(条件あり)。

また、1年保証である規格住宅「リズナス」も、10年保証パッケージを追加できます。

保証期間を延長する条件やパッケージに関する詳細を知りたい方は、土屋ホーム店舗まで直接お問い合わせください。

施工エリアが限定される

土屋ホームの対象施工エリアは、札幌市を含む北海道全域、東北、関東、甲信と比較的寒冷地区のみ対応しています。

施工エリアが限定されているため、土屋ホームで家を建てたいと考えているエリア外の方にとってはデメリットといえるでしょう。

しかし、裏を返せば「地域密着型の」「寒冷地に強い」ハウスメーカーであるといえます。

実際、土屋ホームは冬の暖かさをセールスポイントとしており、北海道や東北に住む場合は心強いハウスメーカーとなるでしょう。

土屋ホームで建てるメリット

先にデメリットを見てきましたが、もちろん土屋ホームで家を建てるメリットも多くあります。

土屋ホームで家を建てるメリットとして、ここでは3つ「接客力の高さ」「設計力の高さ」「業界最高水準の気密性」をご紹介します。

特に、1つ目の「接客力の高さ」は、業界随一といえるほどの実力でしょう。

その理由は、土屋ホーム独自の社内選考を勝ち抜いたスタッフのみが顧客の対応をしているからです。

土屋ホームで家を建てるメリットを、詳しくみていきましょう。

CARDINAL HOUSEの接客が高クオリティ

土屋ホームの注文住宅ブランド「CARDINAL HOUSE」は、スタッフの高い接客力が評判です。

接客が高クオリティである理由は、厳しい社内選考を勝ち抜いたスタッフがコンセルジュを担当しているからです。

建築業界において、スタッフの選抜試験や定期的な覆面調査を行っている会社はたいへん珍しく、土屋ホームが接客力を大事にしていることがわかります。

また、土屋ホームではいつでも相談できるスマホアプリを導入しているため、自宅にいてもコミュニケーションがとりやすいでしょう。

住宅を建てる際、自分の理想や要望を伝えられる環境は非常に大事です。

接客力のある営業スタッフやスマホアプリなど、円滑なコミュニケーション環境が整っている土屋ホームは安心できるといえるでしょう。

気密性能も業界最高水準【C値0.3】

土屋ホームの住宅は、業界でも最高水準の気密性を誇っています。

実際に、土屋ホームの住宅のC値(気密性の高さを表す値)は0.3で、北海道の基準値と比べて6倍も気密性が高いです。

商品名C値(㎠/㎡)
カーディナルハウス0.38
リズナス0.30
北海道の基準値12.00

C値は、値が小さいほど気密性が高いことを示します。

気密性の高い家はすき間が少ないため、外気が侵入しにくく断熱性能が上がることがメリットです。

土屋ホームの場合、たとえば延床面積45坪の住宅全体でキャッシュカード0.97枚分のすき間しかありません。

「10年後でも変わらない気密性」を重視しているため、長く快適に暮らせる住まいとなるでしょう。

自社で建築家を抱えていて設計力が高い

土屋ホームは、自社オリジナルの建築家がいるため、設計力が高いことも特徴です。

知識と技術を身につけた自前のアーキテクトたちが、1邸1邸のデザインにかかわります。

家づくりで間取りを考える際、イメージや要望はあってもなかなかうまく伝えられなかった、具体的に表現できなかったなどモヤモヤした経験のある方もいるでしょう。

土屋ホームのアーキテクトは、そういった顧客の考えもすべて受け止め、丁寧に言語化しデザインに落とし込みます。

まさに、土屋ホーム54年の経験で培ったノウハウといえるでしょう。

注文住宅を失敗しないための第一歩は、無料で家づくり計画書を作ること

注文住宅は高い買い物だからこそ、後悔しないために必要なのは事前準備です。

手当たり次第ハウスメーカーや住宅展示場に行くのも一つですが、わざわざ足を運ぶのは手間でもあります。

そこで、「自宅で」「無料で」「簡単に」家づくり計画書が作れるサイトを2つご紹介します。

実際に見学に行く前にあなたに合ったプランを無料で作成でき、希望に合うハウスメーカーや工務店を絞り込めるのです。

住宅を建ててから「こんなはずじゃなかった……」と後悔しないように、しっかりと事前に計画を練っておきましょう。

HOME4U「家づくりのとびら」

出典:HOME4U 家づくりのとびら
出典:HOME4U 家づくりのとびら

おすすめの注文住宅無料サービス(下記表)の2つ目の項目『HOME4U 家づくりのとびら』のボタンを押し、希望の項目を答えるだけで、無料で希望に合った最適なハウスメーカーや工務店を提案してもらえます。

これなら片っ端からたくさんの展示場やハウスメーカーに直接足を運ばなくとも、ある程度希望条件に合致したハウスメーカーが絞り込めて、理想の家づくりの近道になるでしょう。

\ 大手ハウスメーカー140社から選べる! /

タウンライフ「家づくり」

出典:タウンライフ家づくり
出典:タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくり』では画像のように、希望条件をタップ(クリック)し、そのほか資金作成の希望や要望を入力と『かんたん3分で入力完了』のプラン無料作成ができます。

幅広い住宅会社と提携しており、ハウスメーカーや工務店カタログでは得られない、より具体的な情報が自宅にいながら一括請求が可能です。

おすすめの注文住宅無料サービス(下記表)の3つ目の項目『タウンライフ家づくり』のボタンから、無料で家づくり計画書が作成できます。

実際すぐに家を建てる予定がなくても、今のうちに知っておくと、役に立つ情報がきっと見つかるでしょう。

\ 無料で最適なメーカーを選べる! /

土屋ホームの坪単価についてのまとめ

土屋ホームの坪単価(目安)について、おさらいしておきましょう。

土屋ホームの坪数別坪単価目安

坪数・商品名坪単価
25坪59~79万円
30坪64~81万円
35坪55~69万円
40坪61~73万円
平屋75~85万円

商品別坪単価表

商品名坪単価
リズナス55万円〜100万円
カーディナルハウス64.4万円〜100万円

土屋ホームの坪単価は、75万円が目安です。

施工エリアは、札幌市を含む北海道全域、東北、関東、甲信で、寒冷地に強いハウスメーカーです。

2022年度省エネ大賞製品・ビジネスモデル部門最高賞「経済産業大臣(ZEB・ZEH分野)」を受賞した実績もあり、スタッフの接客力やデザイン力にも定評があります。

土屋ホームをおすすめしたいのは、次のような方です。

北海道全域、東北、関東、甲信地方で寒冷地に住んでいる人
②完全オーダーメイド・セミオーダー住宅で自分好みの住まいにしたい人

当てはまる方は、ぜひ土屋ホームの住宅を検討してみてください。

なお、注文住宅を建てる際に重要なのは、多数のハウスメーカーを比較して、自分に合ったメーカーを見つけることです。

ただ、多くあるハウスメーカーに1つずつ話を聞きにいくのは大変です。

そこで、おすすめなのは注文住宅について無料で相談にのってくれるサービスです。

以下に無料で相談できるおすすめのサービスを4つご紹介しますので、注文住宅づくりお役立てください。

おすすめの注文住宅の無料相談サービス
SUUMOカウンター
SUUMOカウンター
【WEBで簡単予約できる】
経験豊富なアドバイザーに理想の家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
自宅でのオンライン相談も可能
SUUMOカウンターで注文住宅の相談をしてみる
SUUMOカウンターでオンライン相談をしてみる
LIFULL HOME'S注文住宅
LIFULL HOME’S
注文住宅
注文住宅カタログを一括取り寄せできる
理想のイメージを具体化できる
家にいながら簡単に比較検討できる
家づくりの知識をまとめた家づくりノートをもらえる
LIFULL HOME’S注文住宅で住宅カタログを取り寄せる
HOME4U家づくりのとびら
HOME4U
家づくりのとびら
【平日21:00まで対応可能】
専門アドバイザーに家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
オンラインテレビ会議形式で簡単
LINEで基礎知識が学べる
HOME4U家づくりのとびらで間取り・資金計画を比較する
townlife家づくり
タウンライフ
家づくり
【無料で家づくりをサポート】
全国1,020社以上の住宅メーカーから最適を選べる
間取り・資金計画・土地探しを無料でできる

タウンライフ家づくりで間取り・資金計画を作る
ナチュラルハウスロゴ
ナチュラルハウス
【土地探し~アフターまでワンストップ対応】
無料で家づくり相談、間取りプラン作成できる
「家づくりアドバイザー」が親身にアドバイス
ライフプランを作成して資金計画を建てられる
ナチュラルハウス愛知・岐阜で家づくりをする
ナチュラルハウス福山・倉敷で家づくりをする

著者

賃貸マンション・賃貸アパートなど、タイセイ・ハウジーが管理する全国の不動産賃貸住宅情報をご紹介しています。賃貸管理業務を通じた知識をわかりやすくお届けできればと考えています。

目次