【2024年4月】日本ハウスの坪単価は60万円〜90万円!実例より総額を解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
日本ハウス 坪単価

日本ハウスは、デザイン賞の三賞と言われる「グッドデザイン賞」「ウッドデザイン賞」「キッズデザイン賞」を受賞しており、デザイン性が高く、環境にやさしい、脱炭素社会の住宅を提供しているハウスメーカーです。

以前の会社名は東日本ハウス株式会社でしたが、2015年に「株式会社日本ハウスホールディングス」に社名を変更しました。

日本ハウスの坪数別の坪単価目安は60~90万円であり、以下の通りです

日本ハウスの坪数別の坪単価目安表

坪数坪単価目安
平屋76万円~83万円
25坪79万円~89万円
30坪68万円~79万円
35坪69万円~74万円
40坪69万円~74万円
45坪69万円~74万円
50坪69万円~74万円

メーカーの公式サイトの情報を元に算出した目安であり、40坪以上の家の坪単価は公開されていないので、35坪の坪単価から計算しています。

ただし、注文住宅は設備や仕様で価格が異なります。

注文住宅は、檜の家にこだわるなど、自由に好みの家を建てられる反面、「失敗した」と後悔している人が多いのも事実です。

失敗しないためには、可能な限りたくさんのハウスメーカーの情報を比較することが大切です。複数の家づくりのプランを比較すれば、自分に最も合ったハウスメーカーを見つけられるでしょう。

ここでは、無料で家づくりプランを作成できる、おすすめのサイトを紹介します。

良い家をより安く!
アキュラホームはコスパが抜群!
アキュラホーム キャンペーン


トヨタホーム、アイ工務店などよりも、アキュラホームで現在開催されているキャンペーンがこれから家を建てる方におすすめです!

アキュラホーム建築資金券1,000万円プレゼント大抽選会
「建築資金券1,000万円分(税込)」を1名様、「建築資金券200万円(税込)」を10名様
の合計11名様にプレゼント!

オンライン家づくり相談会
テレビ電話・メールで自宅から家づくりの相談ができる!


アキュラめない家づくり相談会
アキュラホーム展示場に予約来場すれば無料で家づくりの相談ができる!
トヨタ
ホーム
災害に強い家+選べるハイブリッド車または特別仕様住宅を2,090万円~
災害に強い家+選べるハイブリッド車を1,890万円~で建てられる!(限定4棟)
特別仕様住宅を2,090万円~で建てられる!(先着順合計30棟)
百年住宅新築1棟1,000万円キャンペーン
抽選で1名様に新築1棟を1,000万円でプレゼント!
キャンペーン期間:
アキュラホーム|建築資金券1,000万円プレゼント大抽選会2024年4月19日~2024年6月5日まで、オンライン家づくり相談会2023年7月7日~2025年9月30日まで、アキュラめない家づくり相談会2024年3月1日~4月30日まで
トヨタホーム|2024年3月30日~2024年5月26日まで
百年住宅|2024年5月26日まで

各キャンペーン期間や内容詳細、適用条件などはアキュラホーム公式サイトをご覧ください。

\ 2023年度グッドデザイン賞を受賞! /

アキュラホームの坪単価や特長を確認

おすすめの注文住宅の無料相談サービス
SUUMOカウンター
SUUMO
カウンター
【WEBで簡単予約できる】
経験豊富なアドバイザーに理想の家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
自宅でのオンライン相談も可能


新築の窓口
新築の窓口
【無料で間取り・資金計画・土地探しまで可能】
家づくりのプランを最低3案もらえる
予算内での資金計画を提案してくれる

未公開の土地紹介も可能


※東京・神奈川・千葉・埼玉に住んでいる方限定
LIFULL HOME'S注文住宅
LIFULL
HOME’S
注文住宅
【注文住宅カタログを一括取り寄せできる】
理想のイメージを具体化できる
家にいながら簡単に比較検討できる
家づくりの知識をまとめた家づくりノートをもらえる


HOME4U家づくりのとびら
HOME4U
家づくりのとびら
【平日21:00まで対応可能】
専門アドバイザーに家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
オンラインテレビ会議形式で簡単
LINEで基礎知識が学べる

townlife家づくり
タウンライフ
家づくり
【無料で家づくりをサポート】
全国1,020社以上の住宅メーカーから最適を選べる
間取り・資金計画・土地探しを無料でできる


ナチュラルハウスロゴ
ナチュラル
ハウス
【土地探し~アフターまでワンストップ対応】
無料で家づくり相談、間取りプラン作成できる
「家づくりアドバイザー」が親身にアドバイス
ライフプランを作成して資金計画を建てられる


LIVRA住宅ナビゲーター
LIVRA住宅
ナビゲーター
【無料でマイホーム購入について何でも相談できる】
優良住宅メーカーを紹介してくれる
オンラインで気軽に面談可能
住宅メーカーと面談をすればAmazonギフト券5,000円分プレゼントがもらえる

この記事では、日本ハウスの標準仕様と特徴、坪単価と建築事例、評判、口コミなど、以下の内容を解説します。

まずは気軽に相談してみて、家づくりの第一歩を踏み出しましょう。

【日本ハウスキャンペーン情報】
春のグレードアップキャンペーン開催中!(2024年3月1日~4月29日)
脱炭素社会の住宅に向けて、外壁タイル、太陽光発電、選べる檜仕様のいずれかをグレードアップできる!

【注文住宅に関するニュース】2024年2月の戸建て注文住宅の受注は11社中住友林業など6社で増加している

ハウスメーカーが3月18日までに発表した2月の戸建て注文住宅の受注速報値は、11社中6社が増加となった。各社の増減は以下の表の通り。(引用:2月ハウスメーカー受注速報、住友林業など7社が増加|新建ハウジング

2月単月期累計
積水ハウス5%↑5%↑
大和ハウス工業33%↓20%↓
住友林業12%↑10%↑
セキスイハイム(積水化学工業)1%↓0%→
ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)23%↑7%↑
パナソニック ホームズ1%↑11%↓
日本ハウスホールディングス23%↓
三井ホーム5%↑7%↓
ヤマダホームズ9.5%↓2.1%↓
タマホーム23%↓3%↓
ヒノキヤグループ14%↑7%↑
目次

日本ハウスの商品ラインナップごとの坪単価と建築実例

日本ハウスの商品ラインナップごとの坪単価目安と主な特徴を下記の表にまとめました。

日本ハウスの商品坪単価目安主な特徴
CAR WITH69万円~72万円愛車と共にガレージライフを楽しむビルトインガレージタイプ
和彩70万円~74万円和をイメージした街並みに調和した和モダンタイプ
麗華71万円~73万円和と洋の融合した折衷モダンタイプ
粋華70万円~73万円シンプルで洗練された都市型モダンタイプ
悠華76万円~81万円ワンフロアのゆとりある平屋タイプ
悠華Plus81万円~89万円ワンフロアで勾配天井空間を配したゆとりある平屋タイプ
悠華Smart78万円~84万円ワンフロアにIoTで快適な平屋スマートハウスタイプ
60万円~70万円檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用した高級タイプ
60万円~70万円檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用したタイプ
60万円~70万円檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用した高級タイプ
60万円~70万円檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用したタイプ

ここに掲載している坪単価は本体価格のみです。

家を建てる準備にかかる費用など、その他費用は別途になるため、総額を確認する必要があります。

ここでは、日本ハウスの主力商品について紹介します。

それぞれについて、詳しく解説します。

ゆとりあるワンフロア「悠華」【平屋】|坪単価78.5万円程度

悠華の外観
引用元:日本ハウス

「悠華」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
76万円~81万円・ワンフロアのゆとり
・構造材に檜を使い耐久性はもちろんの事、耐震性は耐震等級3を標準仕様
・太陽光発電をオプション搭載する事でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応可

日本ハウスの「悠華」は、ゆとりあるワンフロアの平屋で、坪単価は76万円~81万円程度です。

耐久性、耐震性に優れており、太陽光発電をオプション搭載する事でZEHに対応可能です。

悠華の図面
引用元:日本ハウス

大きな軒下が特徴的で、外観のアクセントにもなっています。

また、軒下に椅子やテーブルなどを並べることもでき、ゆとりある暮らしにも活用できます。

伝統的な日本家屋・和モダン「和彩」|坪単価72万円程度

和彩の外観
引用元:日本ハウス

「和彩」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
70万円~74万円・和をイメージし街並みに調和する
・構造材に檜を使い耐久性はもちろんの事、耐震性は耐震等級3を標準仕様
・太陽光発電をオプション搭載する事でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応可

日本ハウスの「和彩」は、街並みに調和する和をイメージした家で、坪単価は70万円~74万円程度です。

耐久性、耐震性に優れており、太陽光発電をオプション搭載する事でZEHに対応可能です。

【1階】

和彩の1階の図面
引用元:日本ハウス

【2階】

和彩の2階の図面
引用元:日本ハウス

特定の用途が指定されていない、多目的ルームが設置されています。

生活スタイルによって、書斎やリモート学習、フィットネスルームへカスタマイズできます。

和と洋を融合・折衷モダン「麗華」|坪単価72万円程度

麗華の外観
引用元:日本ハウス

「麗華」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
71万円~73万円・和と洋の融合した折衷モダンな家
・構造材に檜を使い耐久性はもちろんの事、耐震性は耐震等級3を標準仕様
・太陽光発電をオプション搭載する事でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応可

日本ハウスの「麗華」は、和と洋の融合した折衷モダンな家で、坪単価は71万円~73万円程度です。

耐久性、耐震性に優れており、太陽光発電をオプション搭載する事でZEHに対応可能です。

【1階】

麗華の1階の図面
引用元:日本ハウス

【2階】

麗華の2階の図面
引用元:日本ハウス

玄関をセンターに配置し、来客や趣味、リモート学習など多用途に使用できる独立空間を設けています。

キッチン横の「ママサロン」では、母親の家事、趣味など、暮らしが楽しくなる使い方ができます。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

重厚にして優美な「館」|坪単価65万円程度

館の外観
引用元:日本ハウス

「館」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
60万円~70万円・檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用
・構造躯体60年保証対応
・外壁:オリジナルタイル(35年保証)

日本ハウスの「館」は、檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用した家で、坪単価は60万円~70万円程度です。

構造躯体60年保証対応で、外壁にはオリジナルタイル(35年保証)が使われています。

優雅を極め、美しい佇まい「極」|坪単価65万円程度

極の外観
引用元:日本ハウス

「極」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
60万円~70万円・檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用
・構造躯体60年保証対応
・外壁:窯業系サイディング 16ミリ厚

日本ハウスの「極」は、檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用した家で、坪単価は60万円~70万円程度です。

構造躯体60年保証対応で、外壁には窯業系サイディング 16ミリ厚が使われています。

くつろぎの空間を演出「輝」|坪単価65万円程度

輝の外観
引用元:日本ハウス

「輝」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
60万円~70万円・檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用
・構造躯体35年保証対応
・断熱性能(UA値)0.3W/㎡K(北海道の場合)・0.37W/㎡K(本州の場合)

日本ハウスの「輝」は、檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用した家で、坪単価は60万円~70万円程度です。

構造躯体35年保証対応で、断熱性能(UA値)は、北海道の場合は0.3W/㎡K、本州の場合は0.37W/㎡Kです。

四季の移ろいに映える「雅」|坪単価65万円程度

雅の外観
引用元:日本ハウス

「雅」の特徴・坪単価表

坪単価目安主な特徴
60万円~70万円・檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用
・構造躯体35年保証対応
・断熱性能(UA値)0.37W/㎡K

日本ハウスの「雅」は、檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用した家で、坪単価は60万円~70万円程度です。

構造躯体35年保証対応で、断熱性能(UA値)は0.37W/㎡Kです。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスの平均坪単価は60万円〜90万円

日本ハウスの注文住宅の、平均的な坪単価は 60万円〜90万円です。

この値は、公式サイトやSUUMOで建築費用が公開されている注文住宅の実例の坪単価が、60万円〜89万円であることから、前後の幅を考慮して算出しました。

ここに掲載している坪単価は本体価格のみです。

家を建てる準備にかかる費用など、その他費用は別途になるため、総額を確認する必要があります。

より詳しい金額を知るために、下記の通り、坪単価と総額を日本ハウスの建物の実例を交えながら紹介します。

ここでは、工事費及び諸費用を本体建築費の25%と想定し、総額は下記の計算式で算出しています。

本体建築費(坪数×坪単価)+工事費及び諸費用(本体価格の25%)=総額

それぞれについて説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

【平屋の目安】坪単価79.5万円・総額2,904万円

日本ハウス公式サイトに掲載されている「平屋の家」間取りプランの3件の平均的な坪数は29.6坪です。

また、日本ハウスの注文住宅の、平均的な平屋の坪単価は79.5万円です。

公式サイトの9件の物件の価格から算出したのが、上記坪単価目安表の幅「76万円~83万円」です。坪単価については、この幅の中央の価格としています。

延床面積の総坪数が29.6坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価79.5万円
本体建築費2,353万円
工事費/諸費用588万円
合計(総額)2,941万円

坪単価は79.5万円、総額は2,941万円です。

【25坪の目安】坪単価84万円・総額2625万円

日本ハウスの25坪の注文住宅の、平均的な坪単価は84万円です。

公式サイトの5件の物件の価格から算出したのが、上記坪単価目安表の幅「79万円~89万円」です。坪単価については、この幅の中央の価格としています。

延床面積の総坪数が25坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価84万円
本体建築費2,100万円
工事費/諸費用525万円
合計(総額)2,625万円

坪単価は84万円、総額は2,625万円です。

【30坪の目安】坪単価73.5万円・総額2,644万円

日本ハウスの30坪の注文住宅の、平均的な坪単価は73.5万円です。

公式サイトの10件の物件の価格から算出したのが、上記坪単価目安表の幅「68万円~79万円」です。坪単価については、この幅の中央の価格としています。

延床面積の総坪数が30坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価73.5万円
本体建築費2,205万円
工事費/諸費用551万円
合計(総額)2,756万円

坪単価は73.5万円、総額は2,756万円です。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

【35坪の目安】坪単価71.5万円・総額3,129万円

日本ハウスの35坪の注文住宅の、平均的な坪単価は71.5万円です。

公式サイトの8件の物件の価格から算出したのが、上記坪単価目安表の幅「69万円~74万円」です。坪単価については、この幅の中央の価格としています。

延床面積の総坪数が35坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価71.5万円
本体建築費2,503万円
工事費/諸費用626万円
合計(総額)3,129万円

坪単価は71.5万円、総額は3,129万円です。

【40坪の目安】坪単価71.5万円・総額3,575万円

日本ハウスの40坪の注文住宅の、平均的な坪単価は71.5万円です。

40坪以上の家の坪単価は公開されていないので、35坪の坪単価と同様にしています。

延床面積の総坪数が40坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価71.5万円
本体建築費2,860万円
工事費/諸費用715万円
合計(総額)3,575万円

坪単価は71.5万円、総額は3,575万円です。

【45坪の目安】坪単価71.5万円・総額4,023万円

日本ハウスの45坪の注文住宅の、平均的な坪単価は71.5万円です。

40坪以上の家の坪単価は公開されていないので、35坪の坪単価と同様にしています。

延床面積の総坪数が45坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価71.5万円
本体建築費3,218万円
工事費/諸費用805万円
合計(総額)4,023万円

坪単価は71.5万円、総額は4,023万円です。

【50坪の目安】坪単価71.5万円・総額4,469万円

日本ハウスの50坪の注文住宅の、平均的な坪単価は71.5万円です。

40坪以上の家の坪単価は公開されていないので、35坪の坪単価と同様にしています。

延床面積の総坪数が50坪の場合で考えると、住まいの概要とおおよその見積もりは下記の通りになります。

住まいの概要・見積もり(土地代は除く)

坪単価71.5万円
本体建築費3,575万円
工事費/諸費用894万円
合計(総額)4,469万円

坪単価は71.5万円、総額は4,469万円です。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスの注文住宅の標準仕様と特徴

日本ハウスの注文住宅は、国産高級檜の柱・内装が標準仕様されており、耐久性に優れ、健康効果もあります。

また、高断熱・高気密、太陽光発電システムを無料で設置可能など、環境にやさしい、脱炭素社会の住宅です。

さらに、専属の棟梁・職人がつくる家づくりにより、作り手の顔が見えて安心です。

ここでは、日本ハウスの注文住宅の標準仕様と特徴について紹介します。

それぞれ順を追って解説します。

国産高級檜の柱・内装が標準仕様

檜の建材
引用元:日本ハウス

檜は、寺社仏閣で使用されてきたことからもわかるように、伐採後200~300年で最も強度が増すことから、長く住める住宅を作るのに最適な建材です。

また、フィトンチッド成分を含んでいることにより、自律神経安定などのリラクゼーション効果、ストレス軽減効果があります。

フィトンチッド成分には、抗菌、防虫効果もあります。

さらに、檜は吸放湿性が優れ、室内空気環境を整えてくれるのが特徴です。

檜の内装
引用元:日本ハウス

つまり、檜の家は安全で健康な暮らしを実現してくれるのです。

北海道仕様にはプレミアム檜集成材が使われています。

集成材とは、複数の板を接着剤で貼り合わせた木材のことであり、強度や安定性に優れています。

プレミアム檜集成材は、質の高い檜を加工した木材です。

無垢材の1.5倍もの強度を持ち、経年劣化も少なく、北海道の住宅の構造材として使われています。

顔の見える家づくり「棟梁システム」

棟梁システムとは、1棟ごとに専属の棟梁・職人が担当して家づくりをする、「つくり手」の顔が見える方式のことです。

棟梁・職人さんも、住宅メーカーと同じ立場でお客様に向き合う施工体制であるため、密なコミュニケーションを取りながら家づくりが進みます。

疑問点があれば、すぐに尋ねることもできますし、責任体制もはっきりしているため安心です。

作り手の顔が見えるため、満足の行く注文住宅を建てられるでしょう。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスはやばい?実際の口コミ・評判を解説

日本ハウスの口コミでは、住宅性能の良さ、良質な営業担当者への高い評価が多く寄せられていました。

一方で、強引な営業手法や施工不良への不満を述べる声もありました。

ここでは、日本ハウスホールディングスの将来性について述べた後に、日本ハウスで家を建てた人、日本ハウスに住んでいる人の口コミから、実際の評判を調べてみます。

順番に紹介していきます。

日本ハウスホールディングスの将来性

人気YouTuberが、日本ハウスホールディングスと契約して自宅を建てたところ、「ガレージに車が入らない」と動画で強烈に批判していることが2022年に話題になりました。

現在では両者間での和解が成立し、動画も削除されています。

なぜこのような騒動になったのでしょうか。

実は、「ビルトインガレージを想定していた場所に車が入らない」というのがクレームなのですが、YouTuber自らが設計した設計図によると「倉庫」となっている場所のことを指していました。

クレームに対して日本ハウスホールディングスは、「スロープをつける」「ガレージの入り口の床を削る」などの対応を提案していました。

設計図で倉庫となっていたということは、車が入らなくても日本ハウスHDに法的な責任は求められないようにも感じられますが、今回の批判動画による影響は大きいと言えるでしょう。

このような騒動があったものの、日本ハウスホールディングスは、創業55年を迎えた歴史ある企業です。

お客様からの信頼によってこれまで支えられてきたことからも、将来性があると言えるでしょう。

日本ハウスホールディングスについての良い口コミ・評判は次の通りです。

大満足
ハウスメーカー20社近くまわりましたが、日本ハウスの性能(耐震・断熱性能)はとても良いと思います。
瓦屋根・外壁タイルにすることで、メンテナンス費用が一番安かったので、ライフサイクルコストを考えると日本ハウスはコスパが良いと思いました。
保証期間も35年~最長60年とハウスメーカートップクラスなので安心だと思いました。
引用元:みん評

カウンセリング
正直、他のメーカーさんと比較すると、お値段が高いです。でも、担当してくださった営業の方が最高でした。全く押し付けがましくなく、売りたいというグイグイ来る感じも全くありませんでした。間取りや収納についてどうしたいのかを聞く際には、どんなふうに生活をしたいのか、何年後にはどうしていたいのか、未来とライフスタイルが変わっても満足できる家を一緒に考えてくれた感じです。どう生きたいかを時間をかけてカウンセリングしてもらったと思います。
引用元:みん評

日本ハウスは、耐震・断熱性能の高さ、保証期間の長さなど基本的な住宅性能への安心感が述べられていました。

また、営業担当者との、先々のライフスタイルをも考慮した対話が素晴らしいという声も寄せられていました。

一方、日本ハウスホールディングスについての悪い口コミ・評判は次の通りです。

アポ無し訪問やめてください
住宅展示場での呼び込みが新宿渋谷あたりのキャッチくらいしつこくて酷い。
名前や住居を教えたもんならアポ無しで突然やってくる。
それも何度も。
普通はメールや電話などで事前に連絡するのでは?
正直気持ち悪いし怖いです。
引用元:みん評

間取りで失敗
皆さん良い方ばかりです。お金があって、桧木の家にこだわる方にはいいと思います。
私はお金がなかったので間取りで融通がきかなく、完全に失敗しました。ハウスメーカーは自分達の利益になるような事しか提案しかしてくれませんでした。その事に後から気がつき、心底悲しい想いをしています。間取りは妥協しないことをオススメします。
引用元:みん評

営業スタッフについては、良い口コミにもありましたが、悪い口コミも寄せられていました。どのハウスメーカーであっても、スタッフの質の良し悪し、相性の良し悪しというものがあります。

自分と合わない人だなと思ったら、スタッフを変えてほしいと伝えてみましょう。

また、間取りなどについては、後々後悔を感じることのないように、納得のいくまで相談することが重要です。

日本ハウスで家を建てた人の口コミ・評判

日本ハウスで家を建てた人の良い口コミ・評判は、次の通りです。

理想に近づけてくれました
いろんなハウスメーカーでお話を聞きました。
その都度、予算や好みなど譲れないものを伝えていたのですが、やはり高額になってしまい、担当の方を困らせてしまったと思います。
しかし、その中で、一番希望に近づいたプランで他社よりも安い金額を提示してくれたのがこちらでした。
住み始めてある程度経ちますが、どうしても出てくる劣化程度くらいで問題等はありません。
もしリフォームをするとなったら、またお願いしようと思っています。
引用元:みん評

日本ハウスで良かった
家を建てるってどこで建てたら失敗しないかとか、悩みますよね。どこに行っても、うちのここは他の会社より!とか、あそこのあれは本当は良くないとか!そんな営業ばかりで悩むばかりでしたが、日本ハウスの方は本当に押し付け営業ではなく、他のハウスメーカーのメリットも教えてくれたりして、残念ながらあちらのハウスメーカーで建てるとかならどのシリーズの方が良いとかまで言ってくれました。その中でも、しっかり日本ハウスの良さも取り入れて話をしてくれて、素直な気持ちで聞くことが出来ました。
アフターフォローも様子を見に来てくれたり困った事がないかとかちょくちょく電話が来ます(笑)
家を建て終わっても、こちらから展示場へ会いに行きたくなる人達ばかりで最高です。
引用元:みん評

理想に近い家が実現できた、スタッフの応対が素晴らしかったなど、満足度の高さを述べる声が多く寄せられていました。

日本ハウスで家を建てた人の悪い口コミ・評判は、次の通りです。

土間仕上げ雑
リフォームで土間仕上げがコテムラやら表面が剥がれてるやらで速攻クレームの電話した。
壊してやり直せと言ったらピータイル貼ってみたらどうですかときた。
もう呆れた。
頭にきて壊して一からやり直せと言ったらわかりましたと謝られた。
こっちは楽しみにしてたのに残念でしかたない。
引用元:みん評

営業のみの会社
営業トークは超一流だけど、実際釣られた魚にはエサをあげない状態!
実際に取り掛かると放置、色々聞いてもはぐらかされ、やがて嫌な感じに!!
やはりもっと名のあるメーカーで建てるべきでした。後悔!!
引用元:みん評

施工が雑だった、営業トークだけで実際の施工は良くなかったなどの不満の声がありました。

実際の施工に問題があった場合には、日本ハウスのスタッフに相談してみましょう。

もしも、応対が悪かった場合には、別のスタッフに伝えてみるのもよいでしょう。

日本ハウスに住んでいる人の口コミ・評判

日本ハウスに住んでいる人の良い口コミ・評判は、次の通りです。

問題なし
2014年秋から(東日本ハウス)住んでますが、問題なく快適に生活できてます。
地震で傷がついた床や壁の補修、エアコンの増設もしてくれ助かりました。
もう一軒家、建てれるならまた日本ハウスにたのみたいな
この手の口コミを目にしますが、低い評価があるのは残念
会社側は、高評価だけみるのではなく、もっと低評価側に寄り添って頂きたい
引用元:みん評

長いお付き合いなので
30年前、展示場へ行きいくつかのハウスメーカーを見ましたが、木造建築ということと、いろいろと決めて行く中で臨機応変に対応をしてもらえたがきっかけで選びました。その後も、現在に至るまでメンテナンスを定期的にして貰っています。家のことなので、安い料金で下手な工事をされても怖いので、屋根や外壁などの塗装なども、初めからのお付き合いのある日本ハウスHDさんに頼んでいます。今現在も、リフォームメンテナンス中です。
引用元:みん評

メンテナンスや、アフターサービスへの信頼感が多く語られていました。

家は長く住むものなので、作って終わりではなく、その後のお付き合いも大切です。

一方、日本ハウスに住んでいる人の悪い口コミ・評判は、次の通りです。

なんだかな~
建てて10数年で壁紙の張替えとクリーニングを依頼したが、見積もりはトイレの壁紙は住んでいて使うので人工も2日分だっアフターサービスの悪さたが、勝手に2つの便器を取り外して1日でやり、お陰でトイレに入れず漏らしそうになるわ、金はそのままとるわだし
エアコン掃除が8000円/台で安いなあと思って立合いし見ていたらフィルターをサッと外して
掃除機でガーっと吸ったら、サッと戻して終わり(笑)ものの1~2分でした。
腹が立つわ腹が立つわ!
新築時は良かったが後は頼めませんな
出典元:みん評

年に一回、不具合はないか?とリフォーム担当とやらが訪問してくる。しかし、何かを伝え、後日連絡しますと言われてもその後一切連絡なし。
日本ハウスの言う『後日』は1年以上後の事らしい。
担当に連絡するより、本部に連絡した方が対応は早いと思われます。
引用元:みん評

アフターサービスの対応の悪さへの不満の声もありました。

スタッフの質にばらつきもあるでしょう。

別のスタッフに遠慮なく相談してみることをおすすめします。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスと他のハウスメーカーの坪単価を比較

日本ハウスと他のハウスメーカーの坪単価(35坪)を比較しました。

ハウスメーカー坪単価目安総額目安(35坪)住宅性能
日本ハウス60万円〜90万円3,129万円・最高等級の耐震性能・高断熱性能がある。
・デザイン賞各種を受賞しており、デザイン性が高い。
南日本ハウス44万円〜87万円1,872万円・付帯工事などを建物価格に組み込んだプランがある
・ユニークなコンセプトのプラン設定
アエラホーム40万円〜75万円2,000万円・徹底した気密処理を施した外張断熱の家
・耐震・制振・省令準耐火が標準装備
タマホーム35万円〜75万円2,275万円・通常想定される維持管理で、100年程度継続使用できる
・中間業者をはさまない、施工の直接管理
ロイヤルホーム(国分ハウジング)63万円〜78万円 2,756万円・一棟一棟に対して構造計算を行う耐震住宅工法
・ライフスタイルが変化していくことを踏まえた間取りなどの提案力
ロゴスホーム50万〜75万円2,830万円・十勝型住宅としての高気密・高断熱
・地震や台風などの外力に対して抜群の強度を発揮する2×6工法
住友不動産45万円〜80万円2,888万円・長期優良住宅最高ランクの品質水準
・高級マンション仕様の室内設備と装飾
一条工務店60万円〜120万円3,731万円・断熱性能と気密性能が高い
・工場での加工部分が多く、施工精度が高い

日本ハウスの坪単価は60万円〜90万円であり、総額目安(35坪)は3,129万円です。

他のハウスメーカーと比べてみると、坪単価、総額(35坪)共に、やや高額の部類に入ります。

フルオーダーで国産檜を使用するなど、お客様のライフスタイルに応じた高品質住宅を実現させているためです。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスで建てるデメリットと注意点

日本ハウスの住宅は、国産檜を使用して高性能であることが特徴ですが、どうしても割高になってしまうことがあります。

ここでは、日本ハウスで家を建てるデメリットを下記の通り紹介します。

それぞれ順を追って説明します。

日本ハウスに規格住宅はない

日本ハウスには、規格住宅はありません。

規格住宅とは、用意された間取りやデザインの中から選んで組み合わせて建設する、注文住宅のことです。

完全自由設計であり、希望に合わせてどのような家でもできるため、間取りプランを作成するたたき台がありません。

その分、設計に時間がかかる可能性があります。

また、費用がかさむ可能性がある点がデメリットです。

ただし、自分の家をゼロから作り上げたい人には、日本ハウスが向いていると言えるでしょう。

価格が高い

日本ハウスの注文住宅は、比較的価格が高くなる可能性があります。

日本ハウスに規格住宅はなく、フルオーダーであるため、一棟ごとに施主が希望する建材や設備を取り寄せる必要があります。

規格住宅のように大量購入による割引がないことが、価格が高くなる理由の一つです。

ただし、多少高くなっても、家づくりをこだわりたい人には向いています。

もう一つの価格が高くなる理由は、国産檜を使っているためです。

国産檜は高価な建材ですが、長く住める、健康に暮らせる、環境にやさしい自然素材であるという大きな利点があります。

初期保証は10年

日本ハウスの注文住宅の初期保証は、法的に義務付けられている10年です。

ただし、有料で長期保証にできます。

10年毎の有料メンテナンスをすれば、最長で60年の保証年数にまで延ばすことが可能です。

初期保証は10年であるとはいえ、60年保証というのは安心材料と言えます。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスで建てるメリット

日本ハウスの住宅は、高品質かつ高いデザイン性を誇っています。

日本ハウスで建てるメリットは次の通りです。

それぞれ順を追って説明します。

デザイン性が高い

日本ハウスの家は、デザイン性が高いのが魅力です。

3つのデザイン賞「グッドデザイン賞」「ウッドデザイン賞」「キッズデザイン賞」を受賞しているため、デザイン性には定評があります。

グッドデザイン賞については、東日本ハウス時代から合わせて12回も受賞しており、キッズデザイン賞は12年連続受賞しています。

これだけ評価を受けているのですから、デザイン面については期待が持てるでしょう。

耐震性が高い

耐震性が高いことも大きな魅力であると言えます。

耐震性を高めているのは、「新木造ストロング工法」です。

新木造ストロング工法とは、檜無垢柱に強さを高める加工を施した太い柱、強い床組、構造用合板使用によるストロング壁、緩みを防ぐHT座付ナット、制震パネルの組み合わせによって、耐震性を高める工法です。

ZEHビルダーの認定を受けたハウスメーカー

日本ハウスは、ZEHビルダーの認定を受けたハウスメーカーです。

ZEHビルダーとは、ZEHの受注数を2020年までに50%以上にすると宣言・公表した事業者のことです。

日本ハウスは、2020年までに50%以上をすでに達成しており、2025年までに75%以上を次の目標としています。

なお、ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略であり、「高断熱に優れ、高効率な設備を導入して、再生可能エネルギーの利用で年間の消費量をゼロになることを目指した住宅」のことです。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

日本ハウスに関するよくある質問

ここでは、日本ハウスに関するよくある質問についてお答えします。

それぞれ順を追って解説します。

日本ハウスは3,000万円で建てられる?

日本ハウスの注文住宅は3,000万円で建てられます。

日本ハウスの坪数別の「25坪の注文住宅」で紹介したように、総額2,625万円の住宅はあるため、25坪〜30坪程度の規模の住宅であれば、3,000万円以内で建てられるでしょう。

ただし、この場合、土地代を加えるとなると3,000万円は超えてしまうでしょう。

土地を所有しているのであれば、3,000万円で建てられると言えます。

日本ハウスの木魂祭って何?

日本ハウスの木魂祭とは、自宅の大黒柱を檜の山に入り、選び、供物をあげ、祈りをささげて伐倒する行事です。

家族のかけがえのない思い出になるとともに、自然の恵みと住まいのつながりを実体験できます。

また、木材生産の実際についても理解が進むでしょう。

\ 理想の家づくりを無料で相談できる/

失敗しないための第一歩は、無料で家づくり計画書を作ること

家づくりで後悔が生まれる大きなポイントの1つは、家の間取りに関する失敗です。

一度作ってしまうと、後から変更したいと思ったとしても、そのまま住み続けるしかなくなってしまいます。

マイホームづくりで失敗しないための第一歩は、家づくり計画書を作って、十分に検討することです。

主に無料で家づくり計画を作成してくれる会社は下記の通りです。

それぞれ順を追って解説します。

HOME4U「家づくりのとびら」

家づくりのとびらのサイト
引用元:家づくりのとびら

HOME4U「家づくりのとびら」の概要

登録社数大手ハウスメーカー140社以上
費用無料
特徴・最大5社のハウスメーカー・工務店にまとめて依頼ができるため、同じお話しを何度もする必要がない
・土地費用はもちろん、本体工事費以外の諸費用も含めて、「資金計画」を提案してくれる
・希望の間取りの検討から始めるから後悔のない家づくりができる

HOME4U「家づくりのとびら」は、最大5社のハウスメーカー・工務店にまとめて依頼ができるため、同じお話しを何度もする必要がありません。

土地費用はもちろん、本体工事費以外の諸費用も含めて、「資金計画」を提案してくれるので、予算が心配な人にも安心です。

希望の間取りの検討から始められるため、「こうすればよかった」などという後悔のない家づくりができます。

まずは気軽な気持ちで相談してみましょう。

\ 理想の住まい実現プランを無料で一括比較! /

タウンライフ「家づくり」

家づくりのサイト
引用元:家づくり

タウンライフ「家づくり」の概要

登録社数1,070社以上
費用無料
特徴・さまざまな会社が住みやすい間取りを提案してくれる
・自宅にいながらオンラインで一括請求が可能
・土地探しもしてくれる

タウンライフ「家づくり」は、1,070社以上もの登録会社の中から、さまざまな会社が住みやすい間取りを提案してくれます。

自宅にいながらオンラインで一括請求が可能であるため、とても簡単に始められます。

土地探しもしてくれるため、家をつくるには何をどうしたらよいのかわからない人にも最適です。

\ 1070社以上のメーカーから注文住宅プランが無料でもらえる/

日本ハウスの坪単価についてのまとめ

日本ハウスの坪数別の坪単価目安表

坪数坪単価目安
平屋76万円~83万円
25坪79万円~89万円
30坪68万円~79万円
35坪69万円~74万円
40坪69万円~74万円
45坪69万円~74万円
50坪69万円~74万円

日本ハウスの商品ラインナップ別の坪単価目安表

日本ハウスの商品坪単価目安主な特徴
CAR WITH69万円~72万円愛車と共にガレージライフを楽しむビルトインガレージタイプ
和彩70万円~74万円和をイメージした街並みに調和した和モダンタイプ
麗華71万円~73万円和と洋の融合した折衷モダンタイプ
粋華70万円~73万円シンプルで洗練された都市型モダンタイプ
悠華76万円~81万円ワンフロアのゆとりある平屋タイプ
悠華Plus81万円~89万円ワンフロアで勾配天井空間を配したゆとりある平屋タイプ
悠華Smart78万円~84万円ワンフロアにIoTで快適な平屋スマートハウスタイプ
60万円~70万円檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用した高級タイプ
60万円~70万円檜無垢材4寸(北海道:プレミアム檜集成材4寸)を使用したタイプ
60万円~70万円檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用した高級タイプ
60万円~70万円檜無垢材3.5寸(北海道:プレミアム檜集成材3.5寸)を使用したタイプ

日本ハウスは他のハウスメーカーと比べて坪単価がやや高い傾向です。

ただし、フルオーダーであるため、多少高くなっても、家づくりをこだわりたい人には向いています。

また、国産檜を使っているのも価格が高くなる要因です。

国産檜は高価な建材ですが、長く住める、健康に暮らせる、環境にやさしい自然素材であるという大きな利点があります。

一方で、日本ハウスに限りませんが、スタッフの質にばらつきがある可能性があります。

スタッフの応対に不満を感じた場合には、他のスタッフに相談してみましょう。

自由に住まいを設計し、デザイン性の高い、耐震性に優れた、自然素材の家を望む方には、日本ハウスがおすすめです。

おすすめの注文住宅の無料相談サービス
SUUMOカウンター
SUUMO
カウンター
【WEBで簡単予約できる】
経験豊富なアドバイザーに理想の家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
自宅でのオンライン相談も可能


新築の窓口
新築の窓口
【無料で間取り・資金計画・土地探しまで可能】
家づくりのプランを最低3案もらえる
予算内での資金計画を提案してくれる

未公開の土地紹介も可能


※東京・神奈川・千葉・埼玉に住んでいる方限定
LIFULL HOME'S注文住宅
LIFULL
HOME’S
注文住宅
【注文住宅カタログを一括取り寄せできる】
理想のイメージを具体化できる
家にいながら簡単に比較検討できる
家づくりの知識をまとめた家づくりノートをもらえる


HOME4U家づくりのとびら
HOME4U
家づくりのとびら
【平日21:00まで対応可能】
専門アドバイザーに家づくりを無料相談できる
営業は一切なし
オンラインテレビ会議形式で簡単
LINEで基礎知識が学べる

townlife家づくり
タウンライフ
家づくり
【無料で家づくりをサポート】
全国1,020社以上の住宅メーカーから最適を選べる
間取り・資金計画・土地探しを無料でできる


ナチュラルハウスロゴ
ナチュラル
ハウス
【土地探し~アフターまでワンストップ対応】
無料で家づくり相談、間取りプラン作成できる
「家づくりアドバイザー」が親身にアドバイス
ライフプランを作成して資金計画を建てられる


LIVRA住宅ナビゲーター
LIVRA住宅
ナビゲーター
【無料でマイホーム購入について何でも相談できる】
優良住宅メーカーを紹介してくれる
オンラインで気軽に面談可能
住宅メーカーと面談をすればAmazonギフト券5,000円分プレゼントがもらえる

著者

賃貸マンション・賃貸アパートなど、タイセイ・ハウジーが管理する全国の不動産賃貸住宅情報をご紹介しています。賃貸管理業務を通じた知識をわかりやすくお届けできればと考えています。

目次