マンション売却はどこがいい?売却実績ランキングTOP5を公開

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
2024年最新 マンション売却 どこがいい

マンションの売却に強い不動産会社には、三井のリハウス東急リバブルすみふの仲介ステップなどがあります。

不動産流通推進センターが算出している、マンションを含む不動産の売却実績が豊富な不動産会社のTOP5は以下の通りです。

マンション売却 実績ランキング
出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集
順位企業名取扱高取扱件数
第1位三井のリハウス
(三井不動産リアリティグループ)
1兆9,184億円39,106件
第2位東急リバブル1兆8,213億円29,577件
第3位すみふの仲介ステップ
(住友不動産販売)
1兆3,961億円34,906件
第4位野村の仲介+(PLUS)
(野村不動産ソリューションズ)
1兆603億円9,985件
第5位三井住友トラスト不動産5,661億円8,128件
※出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

三井のリハウスは、37年間全国売買仲介取扱件数がNo1の実績が評価されています。

また、東急リバブルは約98%の売買仲介スタッフが宅地建物取引士を保有し、東急沿線上の不動産に特に強みのある会社です。

この記事では、マンション売却はどのような不動産会社を選ぶべきであるかやその基準など、以下の内容について詳しく解説します。

この記事をお読みいただくことで、ご自身にとって最適な不動産会社を選ぶことができるようになるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、不動産会社選びを行ってみてはいかがでしょうか。

マンション売却で後悔しないためには不動産一括査定がおすすめ

マンション査定に使うマニュアルや査定の参考にする販売実績が一括査定業者によって異なるため、査定価格には差が出ます。

1社だけにしか査定依頼をしないと、相場に適した査定価格かどうかわかりません。

複数のマンション一括査定サイトに依頼することで、あなたにとって最適な価格や条件で売却できる不動産会社を選べます。

おすすめのマンション査定サイト
すむたす売却
イエシル
マンションナビ
ライフルホームズ
ホームホーユー
おうちクラベル
すまいValue
ウルハウス
イエリーチ

上記の中からあなたのニーズに合う不動産一括査定サイトを選んでチェックしてみましょう。

不動産一括査定サイトの評判を確認したい方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

おすすめ不動産一括査定サイト17社の評判や選び方を徹底解説

目次

不動産会社売却実績ランキングTOP5!

この章では、不動産売却実績ランキングTOP5を紹介します。

順位企業名取扱高取扱件数
第1位三井のリハウス
(三井不動産リアリティグループ)
1兆9,184億円39,106件
第2位東急リバブル1兆8,213億円29,577件
第3位すみふの仲介ステップ
(住友不動産販売)
1兆3,961億円34,906件
第4位野村の仲介+(PLUS)
(野村不動産ソリューションズ)
1兆603億円9,985件
第5位三井住友トラスト不動産5,661億円8,128件
※出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

公益社団法人不動産流通推進センターが2023年12月に発表した内容によると、2023年9月の売却実績では以上のような結果が出ています。

マンション売却の不動産会社を探す場合には、売却実績だけ見れば良いというわけではありません。しかし、実績が豊富な不動産会社の信頼性が高いのは確かです。ここからは上位5位の企業を詳しく見ていきましょう。

第1位三井のリハウス

出典:三井のリハウス
会社名三井不動産リアルティ
取扱高1兆9,184億円
取扱件数39,106件
店舗数291店
平均物件価格4,905万円
出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

三井のリハウスは、三井不動産リアルティが運営する不動産仲介会社です。

三井のリハウスの特徴としては、以下が挙げられます

  • 累積取扱件数100万件突破
  • 顧客満足度97%※
  • 3カ月以内の売却成約率75%
  • 37年連続 全国売買仲介取扱件数No.1※

※三井のリハウスで取引した方へのアンケート結果での割合(2022年度)
※86年度~22年度の37年間の全国売買仲介取扱件数

三井のリハウスは37年間全国売買仲介取扱件数がNo1の実績を誇ります。その実績を元にデータを活用し、「どのような方が購入するか」を分析している点も特徴です。

その結果、3カ月以内の売却成約率が75%という高確率となっています。

\ 全国売買仲介取扱件数No.1 /

第2位東急リバブル

東急リバブル マンション売却
出典:東急リバブル
会社名東急リバブル
取扱高1兆8,213億円
取扱件数29,577件
店舗数206店
平均物件価格6,157万円
出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

東急リバブルも、誰もが一度は耳にしたことのある大企業といえます。

東急リバブルの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 約98%の売買仲介営業スタッフが「宅建」を保有している
  • 東急沿線上の不動産に強みがある
  • AI技術によるレコメンド表示を活用して売り手と買い手をマッチング

特にAI技術によるレコメンド(おすすめ)表示を活用して、売り手と買い手をマッチングするサービスがあります。

東急リバブルでは物件を探している多くの顧客層が登録しているので、これらの候補に物件情報を届けられます。

実績も十分で信頼性の高い不動産会社といえるでしょう。

\ 宅建保有者がアドバイス! /

第3位すみふの仲介ステップ

すみふの仲介
出典:すみふの仲介ステップ
会社名住友不動産販売
取扱高1兆3,961億円
取扱件数34,906件
店舗数249店
平均物件価格3,999万円
出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

すみふの仲介ステップは、住友不動産販売の仲介部門です。

特徴としては、以下が挙げられます。

  • 全国に直営のネットワークがある
  • 顧客スタッフが豊富にある
  • 月間訪問者数300万以上の公式ホームページへの掲載
  • 大手ポータルサイトへの掲載
  • 専属の営業担当体制

すみふの仲介ステップは、全国の店舗数249店と国内最大級を誇ります。

売却の際には会社全体のバックアップはもちろんのこと、問い合わせ時から売却活動、引き渡しまで一貫して専属の担当者が行う点も特徴といえます。

大手ポータルサイトへの掲載はもちろんの事、月間300万人が訪問するすみふの仲介ステップへ掲載できるのも魅力といえるでしょう。

\ 全国の直営のネットワークで売却をサポート/

第4位野村の仲介+

野村の仲介プラス
出典:野村の仲介+(PLUS)
会社名野村不動産グループ
取扱高1兆603億円
取扱件数9,985件
店舗数98店
平均物件価格1億618万円
出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

野村の仲介+は、野村不動産グループの運営する不動産仲介部門です。その特徴は以下の通りです。

  • 顧客満足度94.6%※
  • 社内外ネットワークを生かした高品質なサービスとコンサルティングを誇る
  • 年間サイト訪問者数700万人の不動産情報サイト「ノムコム」
  • 豊富な販売チャネル
  • 充実の売却サポート

※2022年9月~2023年2月までの取引者に向けたアンケートを元に集計

野村の仲介+の特徴としては、社内外のネットワークを生かした高品質なサービスとコンサルティングです。大手金融機関やハウスメーカーなどの提携不動産会社と連携を行い、顧客のニーズに最大限答えるサービスを展開しています。

その中のひとつが、充実した「売却サポート」です。物件をモデルルームのようにインテリアコーディネートをおこなったり、ハウスクリーニングをおこなったりと、売却に付随する各種サポートが充実しています。

\ 全国売買仲介取扱件数No.1 /

第5位三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産 マンション売却
出典:三井住友トラスト不動産
会社名三井住友トラスト不動産
取扱高5,661億円
取扱件数8,128件
店舗数68店
平均物件価格6,964万円
出典:公益社団法人不動産流通推進センター/2023 不動産業統計集

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。

三井住友トラスト不動産の特徴は以下の通りです。

  • 営業職員の宅地建物取引士の保有率が98%
  • 営業エリアは首都圏、中部、近畿、中国、九州
  • 年間取引8,000件以上

三井住友信託銀行と連携しているので、⼀般的な住まいの売買だけでなく、住宅ローンや資産運⽤、相続・遺⾔などの専門性の高い相談にも応じられることが強みです。

営業職員の宅地建物取引士の保有率は98%(2023年3月時点)と高く、金融機関グループならではの幅広い情報ネットワークと専門性の高いコンサルティング力に定評があります。

\ 専門性の高いコンサルティングを受けられる!/

マンション売却は大手と中小のどちらがいい?

この章では、マンション売却を大手不動産会社に依頼することと、中小規模の不動産会社に依頼すること、どちらがいいのかについて解説します。

大手不動産会社の特徴

まずは大手不動産会社の特徴についてみていきましょう。

メリットデメリット
ブランド力と信頼性
豊富な情報と広範なネットワーク
充実したサービス
広告力や選電力
融通が利かない場合がある
担当者が地元情報に詳しくない場合がある
多忙により時間をかけてもらえない場合がある

大手不動産会社のメリット

メリット
  • ブランド力と信頼性
  • 豊富な情報と広範なネットワーク
  • 充実したサービス
  • 広告力や宣伝力

まず、大手不動産会社のメリットとして上げられるのが、ブランド力と信頼性です。長い歴史やネットワークを持っている大手不動産企業は、その知名度により一定の信頼性があるといえます。

大手不動産会社は物件情報も豊富に揃えられていると同時に、社内外のネットワークが充実している傾向にあります。サポートなどのサービス体制も整っており、売却活動だけでなくリフォームの提案や住宅ローンの相談まで一気通貫で提供できる場合もあります。

また、大手不動産会社の強みとしては広告力や宣伝力も上げられます。広告や宣伝に予算を投じやすい大手企業の場合は物件情報の露出もしやすく、売却のチャンスを広げやすいといえます。

大手不動産会社のデメリット

デメリット
  • 融通が利かない場合がある
  • 担当者が地元情報に詳しくない場合がある
  • 多忙により時間をかけてもらえない場合がある

いっぽう、大手不動産会社のデメリットとしては、対応がマニュアル化しているために融通か利かない場合がある、という点が挙げられます。数多くの顧客に対して一定の品質のサービスを保つためにマニュアルが設定されている場合、状況に応じた臨機応変な提案を期待できない場合もあるのです。

大手不動産会社のデメリットとして、担当者が地元情報に詳しくない場合があるという点も上げられます。地元密着型の不動産会社に比べて全国展開している大手不動産会社は、地域ごとの細かい情報や市場動向に精通しているとは限りません。

また、大手不動産会社は多くの物件を取り扱っているために、個々の顧客に対して時間を十分にかけてもらえないリスクもあります。連絡や対応が遅れてしまうと、売却活動に支障が出るかもしれません。

大手不動産会社がおすすめな人
  • 高い信頼性やブランド力のある不動産会社による売却を望んでいる
  • 充実したサポートや総合的な不動産サービスを一括して利用したい
  • なるべく多くの人に物件情報を見てもらいたい

中小の不動産会社の特徴

それでは次に、中小規模の不動産会社の特徴を見ていきましょう。

メリットデメリット
柔軟に対応してもらえる可能性が高い
地元情報に詳しい
時間をかけた対応が期待できる
物件や情報の量が限定される
ブランド力や信頼性が高くない
サービス内容が限定される

中小の不動産会社メリット

メリット
  • 柔軟に対応してもらえる可能性が高い
  • 地元情報に詳しい
  • 時間をかけた対応が期待できる

中小の不動産会社のメリットとしてまず挙げられるのが、柔軟に対応してもらえる可能性が高いという点です。

中小規模の不動産会社は、顧客一人ひとりに対してより個別の対応やカスタマイズが可能です。大手企業に比べてマニュアル化されていない場合も多く、ニーズや要望への柔軟な対応が期待できます。

中小の不動産会社は地域情報に詳しい可能性も高いと言えます。地域の特性や需要の傾向を理解しているため、より適切なアドバイスや物件情報を期待できるでしょう。

また、中小の不動産会社の場合は大手に比べて抱えている案件数が限られており、一人ひとりに対して時間をかけた対応が期待できるとも言えます。

中小の不動産会社デメリット

デメリット
  • 物件や情報の量が限定される
  • ブランド力や信頼性が高くない
  • サービス内容が限定される

中小の不動産会社のデメリットとして上げられるのが、物件や情報の量が限定されるという点です。

中小の不動産会社は、大手不動産会社に比べて取り扱う物件数や情報量が限られている場合があります。特に広範囲の地域や幅広い価格帯の物件情報を求める場合には、選択肢が限定的になるかもしれません。

中小の不動産会社は、大手不動産会社に比べてブランド力や知名度が低い可能性もあります。そのため、場合によっては信頼性や知名度に関する不安要素となる可能性があります。

また、中小の不動産会社の場合は大手不動産会社に比べて、サービスの内容が限定される可能性もあります。売却活動以外に、住宅ローンやリフォームなど様々な相談に乗ってもらいたいのであれば、大手不動産会社の方が適しているかもしれません。

中小の不動産会社がおすすめな人
  • 地域の専門知識や地元の市場に精通した情報を求めている
  • より一人ひとりに向き合った対応や個別のカスタマイズを重要視している
  • 不動産会社と長期的な信頼関係を築きながら売却を進めたい

マンション売却の不動産会社選びで起こりがちな失敗例

この章では、マンション売却の不動産会社選びで起こりがちな失敗例を4つご紹介します。不動産売却には様々な注意点があり、失敗事例も数多くあります。ここで紹介するのは、不動産会社選びに絞った失敗事例です。

それぞれ、見ていきましょう。

1社にしか査定をしなかった

マンション売却を行う際に、1社にしか査定を行わなかった場合に失敗してしまうという例があります。

1社にしか査定をせずにその不動産会社に決めてしまうと、実際に物件の適正な価格は分かりません。それだけでなく、他の会社の雰囲気や対応、実績などを比較することもできません。

複数の不動産会社に査定を依頼することで、自分のマンションの価値を正確に把握し、最良の条件で売却することができます。

査定額の高い会社を選んでしまった

査定額の高い会社を選んでしまうことで、失敗してしまうこともあります。

例えば3社に査定を出し、そのうち1社がほかと500万円の差を付けて3,500万円で査定を出したとします。売り手側は当然ながらなるべく高い価格で売りたいため、この会社と契約してしまうかもしれません。

しかし、実際にはこの3,500万円でマンションが売却できる保証はどこにもありません。あくまでも査定金額は予想であり、目安なのです。

不動産会社の中には、顧客を獲得するために敢えて高い金額を設定する、という場合もないとは言えません。不動産会社を選ぶ際には、査定額の高さだけで決めるのではなく、きちんと相場を見ながら、総合的にみて信頼できる不動産会社を選ぶようにしましょう。

マンション売却が得意でない会社を選んでしまった

マンション売却を依頼する不動産会社が、実はあまりマンション売却が得意ではない、という場合もあります。

不動産と一言で言っても、戸建てや投資向け不動産、ビジネス向けのビルなど、様々な商品があります。不動産会社にも向き不向きがあり、必ずしもどんな不動産会社でもマンションを適切に売却できるとは限りません。

マンション売却に慣れていない不動産会社の場合、地域でどのようなアプローチをすれば売却しやすいか、といった戦略に慣れていない場合があります。その結果適切な売却活動ができないといったこともあり得ます。

マンションを売却するのであれば、マンション売却を得意とする不動産会社を選ぶようにしましょう。

担当者との相性が悪かった

不動産会社を選ぶ際には、担当者との相性が悪くコミュニケーションが取れずに、自分の希望の売却活動をしてもらえなかった、という例もあります。

マンション売却の際には担当者との相性は、実はとても重要です。

担当者の言っていることが理路整然としており、納得感がいくら高かったとしても、「なんとなく喋りにくい」「なんとなく高圧的に感じる」などの場合には注意が必要です。コミュニケーションが取りづらいと、売却活動に支障が出ることがあります。

マンション売却は大きなお金の動くイベントです。売却の際に気になっていることがあれば、なんでも担当者に相談すべきです。例えば報告書の内容に不満があったり、チラシのポスティングの数を増やしてほしかったりといった要望を伝える必要があります。

このようなことが言い出せない雰囲気の担当者であれば、選ばない方が良いかもしれません。

マンション売却で後悔しないためには不動産一括査定がおすすめ

マンション査定に使うマニュアルや査定の参考にする販売実績が一括査定業者によって異なるため、査定価格には差が出ます。

1社だけにしか査定依頼をしないと、相場に適した査定価格かどうかわかりません。

複数のマンション一括査定サイトに依頼することで、あなたにとって最適な価格や条件で売却できる不動産会社を選べます。

おすすめのマンション査定サイト
すむたす売却
イエシル
マンションナビ
ライフルホームズ
ホームホーユー
おうちクラベル
すまいValue
ウルハウス
イエリーチ

上記の中からあなたのニーズに合う不動産一括査定サイトを選んでチェックしてみましょう。

不動産一括査定サイトの評判を確認したい方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

おすすめ不動産一括査定サイト17社の評判や選び方を徹底解説

マンション売却を不動産会社に依頼する際に見るべきポイント

マンションの売却を不動産会社に依頼する際に見るべきポイントについて解説します。

それぞれ、見ていきましょう。

査定価格の根拠があるか

マンション売却の際には、査定価格にどのような根拠があるかを不動産会社に確認しましょう。マンションの査定金額は不動産会社ごとに独自に設定されていることもあり、場合によっては100万円以上の価格差が出ることもあります。

そのため、なぜその査定価格になったのかを詳しく聞く必要があるのです。

「高い査定を出してくれた不動産会社を選べばいいのでは」と思うかもしれませんが、査定価格は「この価格で売れる」という価格ではない、という点に注意が必要です。実際に売れそうな価格よりも高く提示して、顧客確保を狙うといった不動産会社もあるのです。

以上のような状況から、査定価格に根拠があるかどうかは重要視する必要があるのです。

査定価格の根拠に関しては、以下のような内容について聞いてみましょう。

  • 周辺の類似物件との価格の比較
  • 地域の市場動向の分析
  • 物件の状態

これらの内容について、どのような根拠で査定価格が決められているか確認することをおすすめします。

マンション売却の実績が豊富か

マンション売却の実績が豊富かどうかも、確認しておくと良いでしょう。不動産会社と一口にいっても、得意とする分野はさまざまです。マンションだけでなく戸建てを得意としていたり、法人向け物件を得意にしていたりする場合もあります。

不動産会社を選ぶ際には、特にマンションの売却実績が豊富かどうかに注目することがおすすめです。具体的には、直近のマンション売却実績を見せてもらうと良いでしょう。

担当者とのコミュニケーションが取りやすいか

マンション売却の不動産会社を選ぶ際には、担当者との円滑なコミュニケーションができるかどうかは重要です。

コミュニケーションが取りやすい担当者であれば、売却に求める条件や優先事項、希望価格などを明確に伝えることができます。不動産会社それに合わせた戦略やアドバイスが可能となります。

不動産売却は売主にとって大きなお金の関わる重要なプロジェクトです。場合によっては3カ月や半年といった時間がかかる場合があります。そのような長い間関わる担当者とは、できるだけ強固な信頼関係を築くべきです。

コミュニケーションが取りやすく、話しやすい担当者であれば、信頼関係も築きやすくなります。進捗管理や方向などの日常の関わりにおいても定期的に受け取ることができますし、購入希望者が出てきた際の適切な対応もアドバイスを受けることができます。

このように、不動産会社を選ぶ際には担当者とコミュニケーションを取りやすいかどうかも注目しておくことをおすすめします。

マンション売却は一括査定がおすすめ

マンションの売却を検討しているのであれば、複数会社に一括査定を依頼することがおすすめです。

3-1.1社にしか査定をしなかった」でも解説したとおり、査定はマンション売却の第一歩です。一社ではなく複数の不動産会社で査定を行うことで、適正な価格を見出すことが可能となるためです。ただし、一社ごとに査定を依頼するのでは手間がかかってしまいます。

査定を依頼する場合には、4~6社程度に一括査定を依頼しましょう。査定は以下のようなサイトを活用すると簡単です。

これらの一括査定サイトで、まずは自分のマンションの査定を行うことをおすすめします。

マンション売却で後悔しないためには不動産一括査定がおすすめ

マンション査定に使うマニュアルや査定の参考にする販売実績が一括査定業者によって異なるため、査定価格には差が出ます。

1社だけにしか査定依頼をしないと、相場に適した査定価格かどうかわかりません。

複数のマンション一括査定サイトに依頼することで、あなたにとって最適な価格や条件で売却できる不動産会社を選べます。

おすすめのマンション査定サイト
すむたす売却
イエシル
マンションナビ
ライフルホームズ
ホームホーユー
おうちクラベル
すまいValue
ウルハウス
イエリーチ

上記の中からあなたのニーズに合う不動産一括査定サイトを選んでチェックしてみましょう。

不動産一括査定サイトの評判を確認したい方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

おすすめ不動産一括査定サイト17社の評判や選び方を徹底解説

まとめ

以上この記事では、マンション売却はどのような不動産会社を選ぶべきであるかやその基準など、以下の内容について詳しく解説してきました。

この記事のポイント
  • 不動産会社売却実績ランキングTOP5!
  • マンション売却は大手と中小のどちらがいい?
  • マンション売却の流れ
  • マンション売却を不動産会社に依頼する際に見るべきポイント
  • マンション売却は一括査定がおすすめ

この記事をお読みいただいたことで、ご自身にとって最適な不動産会社を選ぶことができるようになったのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考に、不動産会社選びを行ってみてはいかがでしょうか。

おすすめのマンション査定サイト
すむたす売却
イエシル
マンションナビ
ライフルホームズ
ホームホーユー
おうちクラベル
すまいValue
ウルハウス
イエリーチ

著者

賃貸マンション・賃貸アパートなど、タイセイ・ハウジーが管理する全国の不動産賃貸住宅情報をご紹介しています。賃貸管理業務を通じた知識をわかりやすくお届けできればと考えています。

目次